2009年5月

6畳和室の床下にもスタイロを仕込んでます。
その上に隙間無く杉板を貼ってます
最後にこの上に畳が敷かれます。
屋根の作業です。
古い屋根のスレートをめくっていきます。
すごく暑い日で大変だったのを覚えてます。
翌日発熱しました。
でも天気が良いうちに屋根を終わらせなければならないのでがんばって2日で作業しました。
古いスレートをめくって新しいコンパネを屋根の形状に沿って貼り、その上にルーフィングを貼るところまで自分達でしました。
おやっさんです。

この屋根だけでコンパネ下地を60枚ほど使用しました。

後は板金屋さんがスレートを貼って隙間を埋めて仕上げてくれます
板金屋さんが持ってきたスレートをカットする道具です。
5人ほどの職人さんが来てくれました。
さすがに早いです。
天気との勝負なので、晴れのうちにかなり仕事が速いです。
みるみるできて行きます。
さすがプロです。
きれいに仕上げてくれました。
このころになると先にシステムキッチンを入れることになりました。
通常は全て完成後、最後にキッチン等お住宅機器を入れるのでしょうが、
今回は対面キッチンの側面片側にたれ壁を造作するため
先に現物を置いてそれに合わせて壁を作ることにしました。
その壁は最終的にはレンジフードをつるための壁になります。

キッチンを据えると動かせないので先に
その部分に塗装しておきました。
あれやこれやとINAXのショールームに出向いてプランニングした、
システムキッチンの部材が届きました。
INAXから職人さんが派遣され1日掛けて組み立てます。
キッチンの形になりました。
こちら側に見えている白い部分は化粧板が貼られていませんが、
この部分にレンジフード用のたれ壁を造作します。
2009年4月へ  2009年6月へ