topへ戻る

古家再生リフォームしました

2008年9月より2009年10月に掛けて古家を再生リフォームしました。

以前より自宅として古家つきの土地を探しており、子供が産まれたのを機に購入し作業にかかりました。

詳細は数年前より数件の不動産屋さんに声を掛けており、近い物件が出るたびになんとなく見ていましたが、
なかなか気に入らず3年ほど経過したころでした。

希望条件としては、
@自分と嫁さんの仕事場の真ん中あたり(車通勤でお互い30分ほどです)。
Aメインになる道路より一本入ったところ。
B見た目は田舎で、実は街に近く便利なところ。
Cあまり隣接がなくポツンとあるところ。
D友人が来てその辺に車を停めていてもヤイヤイ言われないところ。
Eもちろん予算の問題。

だいたい以上を不動産屋さんに伝えてました。
なかなか出なかったのですが、2008年7月に「これはっ」て言う物件に出会いました。
特に@に関してはピンポイントで嫁さんとお互いこの地域しか無いよなぁ〜って話していた地域そのものでした。
それで飛びついて見学に行くとほぼ条件を完璧に飲み込んでました。

ただ物件は名目上建て替えができずリフォームでお願いしますとの事でした。(法律上色々ありました)

あと、後押ししたのは子供が産まれた事と、実は僕の親父が元大工で(約30年前に現役大工は引退)でリフォームは親父と僕でできるだけ自分達でやろうと話していたのですが、その親父が数年前に、「早く物件を決めてこないと、もう年なので体が動かずやってやれなくなるぞ、まぁあと3年以内やな・・・」と言われていたのが大きかったです。見つけた時がちょうど3年目でした。ちなみに僕はカントリー家具、木工を独学でしてきただけで大工仕事はほぼ素人です。言われた作業をこなす役回りになります。

それで不動産屋さんにリフォームもお受けしますよと進めれれましたが、自分達でするねんって古家つき物件のみを購入し、リフォームにかかりました。
一応不動産屋さんの業者のリフォームの見積もりしてもらいましたが、それやったら十分もっと街の方で新築のそこそこ豪邸(ならの田舎の場合)買えるがなっって。。。感じでしたね。

簡単なイラスト程度の図面から始めました。
それを見て親父がなにやら自分だけにわかるのか、大工にはわかるのか、ハや二やホやへなんかを書いた図面におこしてました。

とにかく希望としてはたくさん友人が集まれる家、せっかく隣家がないのでわいわい呑めるリビング、デッキ、開放感が一番の希望でスタートしました!!

before

after

次からは順を追って各月の詳細ページです。
下記をクリックで進みます。
2008年9月へ